読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Syamu_game書き起こし

大物Youtuber syamu_gameの発言書き起こしブログ

パート7

(■*■)どうもーシャムです。今日は2014年の6月、23日。今回は、えー、三パート分、溜め撮りになります。それでは、本日の収録、スタート。はい、どうも、シャムです。

えーっとまぁパート1で、次のゲーム実況のリクエスト募集しましたけども、今のところ、リクエストは0なんで、もしかしたら次のゲーム実況も自分がやりたいプ、えー自分がやりたい、ゲーム実況を、やるかもしれません。まぁもう。というかまぁー、自分がやりたいゲームはもうダウンロードしてしまいましたけれども。このまま、リクエストがない場合は、次のゲーム実況も自分がプレーしたいゲーム実況をやります。ほんで、フリートークで、えー発表という形になりますね。というわけでよろしくお願いしますぅ。はい。ええ、まぁ、次のゲーム実況、というか自分がや、次にゲーム実況、したいゲーム、言っちゃいたいけど、ここは、フリートークまで我慢しようと思います。もしかしたらリクエストがあるかもしれませんので。はいというわけで。えー六月も、おー残り、一週間となりました。はい。早いもんですね。梅雨はまだ、こちらはまだ明けてませんが、ね。えー早く梅雨が明けてほしいものです。さとゆうわけで。七月上旬、上旬になったらね、また、またっていうかまオフ会の、動画出しますんでよろしくお願いします。まだオフ会の動画撮ってませんのでね。はい。それで、えー、っとー。僕と君の夏休み前回ーは、あやめちゃん、のルートを進めてる途中で、終わりましたね。では、えー前回の続きからやっていきまーす。えーとじゃあやっていこうかぁ。はい。やっていきましょ。はい。さ、ちょっと待ってな。はいはいはいはい。えー息は止めたら、止めすぎたら駄目よ。呼吸が照準(ひょうじゅん)をブレさせるから、息を止めるんだけど。止めすぎると今度は心臓の鼓動が大きくなっちゃって、また照準(ひょうじゅん)がブレちゃうの。なるほどー。一瞬(いっぱつ)勝負ってやつだ。ちょっと違うけどね。把握した。これでいつもで撃てる。そう思うのが素人の浅、浅はかさってやつよ。そうなの?実弾の反動は半端じゃないわよ。っていってもよほどのことが無い限りは反動を味わうこともないでしょうけどね。あとは外国へ旅行に行ったときに撃っ…撃たせてもらうか、てっこ、とこかしら。そんな撃たせてく、くれる国はあるのか?よほどのことも、シ…ないと思うお。そうね。一般人は手を出しちゃいけないものよね。コレは。でもモデルガンとかは好きだよ。私もよ。え?え?いけないかしら?いや、ま、別にいいけどさ女の子がモデルガン…とか、ま別にいいと思うけど。危ない方向に行っちゃ、い行かなければ大丈夫だと思うけど。いやの、なんというか意外だなと。いや意外でしたね俺も。そう?なんつーかあやめ姉って清楚な感じだから。ま確かに眼鏡掛けてるからなぁ。清楚…には見えるよね。もうどうしたら私がそう見えるのかしら。ライフルだってもの凄く、意外なのに。違和感あるの?いや、ありまくりだよ。いやもう見慣れたからー違和感はないけどさ。そう?ってことはコレクションとかあったりするの?コレクションていうほどでもないけど、多少はあるから。今度見る?もち、見たい。じゃ、今度来たときは見せてあげるわね。わーい。楽しみだ。ふふ。子供みたい。はしゃぎすぎだろ夏輝ィ。あやめ姉の部屋。そっちかい!そっちかよ。あ!楽しみだ~♪片付けなきゃ。今からでもいいよ?だ、駄目!絶対駄目!ちぇ。ま、こういうところがあやめ、女の子らしいな。また今度ね。いい?絶対よ。へーい。んもうー。あやめ姉ー、あどっちか、歳、年齢はあやめ姉の方が上やけどなんか、どっちかというとあやめ姉子供っぽいね。楽しみだ~。二十一歳やけどあやめ姉。俺は十七歳やからな。高校三年生やから。あやめ姉は二十一歳。お絵日記が付きました。八月十七日。狩猟(りょうし)のこと、となると、途端に、えーこっ、え?なんて書いてん?け、え?饒舌(こっけい)…こつ、か、饒舌(こつぜつ)になるんだな、あやめ姉って。饒舌(こっけい)か饒舌(こっけい)になるんだな。あやめ姉っていつも…ながら、あやめ姉の話は、ためになるか、なるな。あやめ姉の戦闘力は、えーラディッツも無視できないと思うんだ、思うんだぜ。ラディッツというのは多分ドラゴンボールネタやろ、ネタやな、ネタやな。確かラ、ラディッツって、えー悟空の、ちゃうわ、ナメック星から来たんやったけ。ま、忘れたわ。忘れた。忘れたラディッ、ラディッツドラゴンボールネタやな。フリーザ編ーに出てきたね。ラディッツサイヤ人サイヤ人サイヤ人。お。楓ちゃんがいますねー。では早速迷うことなく、楓ちゃんルートを進みますから。えー公園を選択します。迷うことはないぜ。俺としても楓ちゃんルートは是非とも見たいからな。ん~♪あちゃうわ、鼻歌歌ってんか。フッフーン♪自然に囲まれた田舎道を自転車で進む。自転車の、音にしてはなんかぎこちねぇ音やな。空はどこまでも青(あよ)く、ペダルは、軽い。こんな田舎に住んでみたいな。軽やかに進む、俺の体に吹き付ける風は、熱風ー。なんか軽トラ…っぽい音やな。ま、まぁ夏だしな。強烈な日差しで、熱せられた、路、面の、大気と草…いきれが、速度に比例して、押し寄せてくる。それでもなおこの圧倒的な…鮮やかさで、目を刺す、緑色に染められた景色は見る価値がある。そう紗耶から頼まれたお使いのルートを外れ、激しく遠回りして行くだけの価値が。いいんだよ。預かった金、使い込んだりとかじゃないんだからさぁ。んーしょ、っとー♪あどっこらしょっとあよっこらしょういち!坂道に差し掛かり、ペダルに力を込める。程なく頂上に辿り着き、あとは商店街まで、下りを一直線。ペダルを漕ぐのを止め、重力に、えー魂を引かれるままに、坂道を、滑り降りる。楓が、普段見ている視界って、こんな感じかな?後ろに流れていく景色、狭くなる視界。もっとかな?ペダルを踏み込み加速する。両脇の景色が吹っ飛ぶ。呼びました?楓ちゃん、タラーン出てきましたよ。ハッハッハッハッハッハッ。驚かすんじゃないよ楓ちゃん。なんとなく出てくる感じがしたけどな。楓ちゃんは、自分を呼んでいる、呼んでいたら、分かるんだったよね。おわっ、あぶっ!ぶつかった?楓に前を塞がれて真っ白になった視界を、驚いて、視界に驚いて思わずハンドルから手を離してしまった俺が見たものは。抜けるような青空。夏輝くん。ンノォ~ウ!お、え?初めてちゃうか?初めてちゃう?夏輝の、CG。ていうか、絵、絵は。あいたたたたた。えらい目にあったな。中々イケメンですね。ったく楓の、奴いきなり現れやがって、もうちょっと状況を良く見て。痛いです。あれ?え?わたし、痛い?ちょっと待って。何で勝手に、何で俺勝手に喋ってんだ?あそうだ夏輝くんどこですか?まさか、俺の中に楓が、入り込んじゃったのか。この口調はもしかして、楓?あれ、体が、重い。まさか。んしょ、あ、飛べないや。これーは、アレか?あれ?わたし、こんな服、きてましたっけ?この服、夏輝くん?まさかわたし。取り憑いちゃったあ!?バーロー何取り憑いとんねん。俺の体、俺の体に何、何取り憑いちゃってんの?ですよねー。しかし俺の声で、わたしとか聞くと、気色悪いな。どうしよ、どうしよどうしよどうしよー。とりあえず落ち着こうぜ楓ちゃん。そうだとにかく夏輝くんを探さないと。夏輝くんを探さないとって、今取り憑いちゃってるやんかよ。あ、今はわたしが夏輝くんだったっけ。どうしよどうしよどうしよどうしよ。なんやねんこの神展開。お~い。まずは落ち着け。なんかドラマであったよね。男と、女の体が入れ替わるドラマ。チェンジってドラマ昔あったよね。あとパパと、パパとムスメの7日間。舘ひろしさんと、ガッキーのドラマ。あれも確か、入れ替わるんやったけ。パパとムスメの7日間やったよね、題名は。俺の声は届かないみたいだ。困ったな。プッ、フッフッフーゥ。まずい、この声は。阿部さんだ。阿部さんやろ阿部さん。やっぱり阿部さんやったー。やっぱり阿部さんやったー。うわ、すげぇ勢いで駆けてくる。どうしたナッちゃん。ひっ!むっ、この状況からすると…自動、自転車でクラッシュかい?怪我は?俺、阿部さん苦手。えっ、わたしが視え…あ、そうか、今は夏輝くんだからか。はい、大丈夫です。何だって?まぁいいや、ほら立てるか。ちょ!あ、ありがとうございます。よせっ、迂闊に近寄らせるんじゃない。阿部さんは超危険人物。そんなスキを見せたら。わひゃ。ほーらねって言ってる場合じゃない、やめてくれ阿部さん!やめ、てぇー!文字通り心の声でしかない俺の抗議など、阿部さんに届くはずがない。きゃうっ!さわさわ。大丈夫。怪我して無いか調べるだけさ。ま阿部さんにの中では、夏輝ー、に触ってる、だけども実際は、夏輝に、楓ちゃんが取り憑いてるから、まぁ、まぁナ、まぁ形としては、女の子、にセクハラしてる、って感じなんだよね。形としては。セクハラやないかい。尻ばっか触ってんじゃねぇ!あっれ~?さわさわ。な、なにするんですかあっ!おかしい、いつものトキメキが足りない。当たり前や。楓ちゃんが取り憑いてんやから、そんなもんトキメキとかないやろうが。す、するどい。やめ、こ、こないでぇ。むぅん?アンタ何してんか分かってんですか、阿部さん。セクハラでっせ。形上はセクハラです、セクハラでっせ。ガクブル。ナッちゃん。わたし楓ですぅ。やっぱり転んだ拍子にどこか打ったのかい?ひゃっ!さわさわ。触りまくってんな。触りまくってんな。さわさわ。や、あっ、んうっ、ヒャアーン!なんて声、なんて声出しとんやねん。楓ちゃんなんて声出しとんねん。う~んやっぱり魂に訴えるモノが無いんだよなぁ。当たり前や。ならもうやめろ。すぐやめろ。とりあえず自分のそーゆー声は聞きたくないんだ。ふぇ、えぐっ、えっえっ。怪我は無い様だけど、帰って休んだ方がいいぜ?こっくん。じゃあなナッちゃん。こくこく。な、えー紗耶ちゃんちまで送っていこうか?遠慮しときます。そうかい。じゃ気をつけてな。去っていく阿部さんの車。欲望がないと意外にあっさりしてるんだな。俺阿部さん苦手。こ、こわかったですぅ。実際に、阿部、さんのような人がおったら俺苦手だな。あ~んどうしよ。頼むから気付け、清理さんの所に行ってくれ。あ、そうだ。おっおっ。夏輝くんはあっちに向かって走ってきたから、お店に行くんですよね。ちっが~うっ。よ~し、わたしが代わりにお買い物します!まぁ、逆に言っちゃえば、良かったよね、楓ちゃんにとっては。長いこと幽霊だったと思うからね。たまにはー、こういうなんていうん、人間…からのシ視点?人間からの視点というか、ま取り憑いちゃったみたいやけど俺に。良かったんじゃないの?またまには、たまにはっていうかこういうー人間…からの視点、人間からの視界?っていうのもいいんじゃないの?楓たん、楓ちゃんにとって多分、プラスになると思う。それで何か思い出すかもしれない、しね。何故そうなる。あ。とゆうかーどうやったら元に戻るんだ。さっぱりと展開が読めないな。オチが読めないな。今度は何だ?今は夏輝くんだからわたしも、乗れるはず。んしょ。まさか楓自転車乗れないのか?よせ、やめて。きゃっ。あーあ言わんこっちゃ無い。つか俺の声で『キャッ』とか気持ち悪すぎるからなー。痛いですぅ。素直に押して行って、くれ。よいしょ。はう~。歩くって疲れるんですねぇ。そうだよな。お前はいつも飛んでるしな。それにしても何を買うつもりだったんでしょうか。うっかりしてましたぁ。はな…しする暇すらなかった件(ぜ)。あなかった件。あ、自動販売機はっけん。これかな?明るい家族計画、違います。お、またこのお店か。あ、あれは。目の前には駄菓子屋。そして、氷の字が書かれた旗が涼しげに揺れている。ちょまさか、よせ。俺の願いも空しく、視界は吸い寄せられる様に店の中へ。これで買えるだけください。うっそ~ん。何買ったんだよ。何買ったんだ楓ちゃん。はっ。つい、大人買いしてしまいましたぁ。いや、大人買いとかそういう問題じゃねーぞ。そういう問題ちゃうぞ。今更かよ。全額かよ。どうすんだよ。俺の金じゃねーんだぞ。あーあ。あ!アイス買って私と食べるつもりだったんですね。そうです、きっとそうです。ちーがうってー。でもこれじゃ一緒に食べられませんねぇ。そうですね。しかしまずい事になったな。知り合いの前で、楓口調で喋られたら、まだまだ続く俺の島ライフに支障が出るぞ。変な奴と、変人て思われるな。男の、男が、女口調で喋っとったら。なのにわざわざ島で唯一人通りの多い場所に来てしまっているこのじゅい、現実。危険指数がレットゾーンに振り切ってプルプル震えてますよ。俺が、あ楓が清理さ…んに頼る事を思い、ついてくれるまで、誰にも会わないといいんだが。お兄ちゃん。いや、ももちゃん久し振りやねー。ちなみにももちゃんの歳は十四歳なんで、え中学二年か三年ですね。あ、中二、かな?ひゃっ。中学生には見えんよね。ももちゃん中学生には見えんで。小学生に見えるで。えへへ。知り合いキター。うわっ、ど、どうするんだよ、絶対怪しいよ。あっ、えーと、あ、ももちゃん、こんにちわ。あはっ。ももちゃんだって。こんにちわお兄ちゃん。ほっ、とりあえず名前は知ってたか。特に怪しんでは、いないみたいだな。楓も取りつ、取り繕ってくれ、くれようとはしてるみたいだし。それにももがアホの子で良かった。えーとなにかな?ん?お兄ちゃん見つけたから声かけただけだよ。そうなんだ。うん。お兄ちゃんは買い物?そのお兄ちゃんっ てゆーのやめてくれんかな。破壊力ありすぎ、ありすぎるからさ。夏輝さん、じゃないわ、ななんや俺の苗字なんやっけ夢縁か、まいいわ。もなんでもいい、なんでも呼んでくれや。うんそうかな?夏輝さんっていうのも変やな。下の名前やしな。夢縁さん?もそれも変やな。まええわ。わっすごい。アイスが沢山。沢山あるぜー。あのーモウも、モウだろ。そしてー、すロッテの爽だろ。ほんでー、スーパーカップやろ?ハーゲンダッツだろ。牧場しぼりだろ。まだまだ一杯あるぜ。棒アイスだろ。ちゃう。な棒アイスかなんか知らんけど、ガリガリ君もあるぜ。うん。あーおいしかった。おいしかったね。あのさー、いわしてもらってもいいかな。アイス、全部食っちゃってよかったの?アイス食っちゃってよかったの?人の金やで。それにしても10コ食べちゃうなんてお兄ちゃんすごいね。いや10コも食べ、るとか無理でしょ。おれでも、2コ食べたらもう頭がキーンとするのに。完食しやがりましたよこいつら。アイス、食べすぎて、アイス食べすぎて死んじゃった人もいるみたいですからね、みなさん。アイスの暴食は、やめましょう。大変危険です。おいしいから食べ過ぎちゃいましたぁ。こうやって食べるの、久しぶりだったし、だったし。おなか平気?はいっ。あ、ボク約束あるから行くね。忘れいていた。ももちゃんはボクっ娘だった。はい。アイスごちそうさま。タダ食いしやがってこの野郎。いえいえ。ばいばい、またね。ばいばい。ふぅ行ったか。しかもタダ食いだぜ。最後の方は語尾がかなり怪しくなってきてたから、どうなるかと思ったけど、どうにか誤魔化せたみたいだな。ひさしぶりだな。普通に声かけてもらってお話するの。楽しかったなぁ。楓お前。うっ、ぶるっ。これはまさか。何だ?ど、どうしよう。まさか記憶や、何か思い出したのか。でもでも、それって、その、み、見ちゃうってと、ことだし。うーぶるぶる。ああこのままじゃ。でもでも、男の子の、お、その、なんてーわからないし。ううっぶるぶるっ。楓は一体何を考えてるんだ。まだいたい想像はつくが。きょろきょろ。って一体何?はっはぁ分かりました。分かりましたけど、分かったけど言わないでおこう。お、もうダメ。ちょ、え、そっちは。マジ正気?そこは秘密の個室!うわああ~ん!そうか、お手洗い、お手洗いだったお手洗い。お手洗いか。はぅ~。しくしく。わたしなんだか汚れちゃいました。しくしく俺もだよ。ショックです。もうお嫁にいけません。俺も。あ。せっかくだから男の子の、やり、かたもやってみればよかったなぁ。よかったかなぁ。多くは語らんが、色々問題あるんだぞ。支えたりとか。ていうか意外と立ち直りはおいな。早いな楓。はぁこれからどうしようかなぁ。そう考えろ考えろ。出来る事なら、もっと早い段階でそう願いたかった。あら夏輝じゃない。バットタイミングで、あやめ姉が来てしまった。今度はあやめ姉キター。バットタイミングだ。あ、えーっと、あやめさん?うふふ、こんにちは。こ、こんにちは。やばいやばいぞおい。あやめ姉だけは誤魔化せる気がしねぇ。適当に何とか言って退散しろ、楓。買い物行ってきたのよ。え、はい。それでね、時々こうして帰りに、ここでおやつを食べて行くのよ。あそうなんですか。ももには内緒、よ、ね?あ、はい。夏輝も食べる?プリン。あ、プリン。プリンですか。ぷいんっ。ぷいんちゃうプリン、プリンちゃうわ、プリンやプリン。ぷいんってアンタしかも俺の声で。ふふっ、私プリン大好きなの。えーっとプリンといっても、いろいろ、ありますよ。濃いリッチプリンとかね。プッチンプリンとかね、りますね。そうなんですか。ええ。はい、夏輝も食べるでしょ?はーあ、さっき腹こわしたばっかりでした。はぅ~残念ですぅ~。おい悠長に、残念がってる場合じゃないぞ。どうしたの?さ、とゆうわけでえー今回は、ここで、終わりましょう。はい。さとゆうわけで、なるべくー、三十分未満にしたいと思います。前回の、前回のパートなんですけども二十七分で終わったと思いますけど。それ…なんか知らないけど、あの前回のやつ、動画編集、いつも使ってる動画編集ソフトで動画読み込めました。はい。よかったわー。うんとりあえずよかった。読み込めたからよかったわ。はい。さとゆうわけでえー今回は、ここで、終わります。今回は溜め撮りなんで、残り、二パート分、溜め撮りします。とゆうわけでここまでご視聴くださり、ありがとうございました。それじゃ、またね!次のパートも、お楽しみにー。どうもありがっとう!はい、どうも、シャムです。ここまでご視聴くださり、ありがとうございます。皆さんに、お願いがあります。是非是非、私のチャンネル、えー登録を、お願いします。パソコンの方は、えー画面に見えてると思いますけども、えー登録ボタンをクリックしてくださいパソコンの方は。スマホの方はえー動画説明欄に、えーチャンネルのリンク貼ってますんでえーそこから、えー飛んでいただきまして、チャンネル登録、よろしくお願いします。それではね、次の動画でお会いしましょう、それじゃあ、またのーセンキュー。