Syamu_game書き起こし

大物Youtuber syamu_gameの発言書き起こしブログ

パート4

(■*■)はい、どうも、シャムです。今日は、2014年の、6月、20日。それでは、本日の、収録、始まります。おい!どうも、シャムでーす。えーっとまぁ。えー19日に旅行いに行くといま、言ってましたけど、無事に、戻ってきました。

ほんでサブチャンネルの方にえー旅行動画を近々アップロードするので、えーそちらの方もお楽しみくださいませ。おれから、僕と君の夏休み、えーまパート1と、パート2、そしてパート3投稿しました。パート3はえー溜め撮りしたんですけども、えー今日アップロードすると思いますんで、えーそちらを、も!見てくださればと思います。ほんで前回は、楓ちゃんが出てきましたね。えーそこで終わったと思います。それでは、えー前回の続きからやっていきたいと思いますんでよろしくお願いします。それでは初めていきます。えーこれですね。はい。さぁやっていきます。えーっとあ、ああ。ごめんなさい、こわいですよね?いや、別に怖くありませんけどね幽霊。あれ?気の、毒になるほどしょげている。俺が気絶したの、気にしてるんだよな?いや、まぁ、そうなる、かな?いや、一番怖いのは人間やからな。この楓ちゃんは元は人間でしょう?せやから、一番怖いのは人間やで。幽霊も元は人間やからな。地縛霊も、元は人間、やからな。浮遊霊も元は人間やからな。とは言ったけれど、こうしてみるとなぜか不思議とそれほど怖いとは感じない。なんか楓ちゃんはー、あれかな。なんか、なんー…か成仏できない理由があって、現世にさまよっ…てるかもしれへんな。初回はしょうがないんだよ。なんていうか、お約、束だし。幽霊のくせに、こね、子犬みたいな感じがするからだろうか。普通に会話ができる、っていうのは大きなポイントだろうな。なんかごめんな。そんな!夏輝くんが謝る事なんかないですよ。無理もないですから。いやもう別に怖いとか思わないし、だから、さ。そんなに気にするなって。ほんとに大丈夫ですか?うん、大丈夫。本当だよ。さっきはちょっとビックリしただけだから。よかったぁ~。わたし消えた(きえない)方がいいかなって思ったんですけど心配だったから。楓ちゃんはどうやら、姿を消せるみたいか?まぁ、幽霊やから当たり前か。まぁ、偶然俺に、楓ちゃんの姿が見えたってことやな。ああ、随分離れた所にいるのは、俺を極力怖がらせない為か。なんかいい奴じゃん。ほんとに驚かせてしまってごめんなさい。いやー。それじゃわたしはこれで。あ。おいおいまだお話したかったのに。このままバイバイでいいのか。楓っ!良いワケないよ。って言ったよな、名前?はい。こっち座りなよ。え?でも。いいから座れって。ちょっとばかし、お話しようぜ。時間、あるだろ。きっと退屈で、寂しくて、気が遠くなるほどの時間がさ。はいっ!いや、楓ちゃん嬉しそうやね。よかったぜ。この、控え目な幽霊が悪い存在には、思えない。ましてや危険だなんて。話を聞いてみよう。彼女の事、思い出、心残りに思ってること。だって、もしかしたら、彼女の力になってやれるかもしれないじゃん。夏輝いい奴。そうー思ったんだけどなぁ。あ、なんにも覚えてないですと?楓ちゃん泣いとるやんか。はい~。夏の夜のちょっとハートフルな、心霊体験は、いきなり暗礁に乗り上げた。じゃ、じゃあTVでよく見る未練ーがどうとかは。よくわからないんですよ。ナンテコッタイ、パンナコッタ。アッアッアッアッアッ。ふぇぇ、なんかごめんなさいですぅ~。いやぁ、しょうがないって。分かるのはわたしの名前と、ちっちゃい頃に死んだらしいというくらいで。小さい頃、ねぇ。それも定かではなくて、気が付いたらこうだったんですよ。小さい頃っていつ頃だよ。えっと、このくらい?手で示す高さは、胸よりちょい下。小学校低学年くらいか。そうですね。いやちょっとまてよ。はい?楓、見た目は俺と同世代くらいだぞ?たぶん、せいぜいひとつ下くらい。はい、たぶん同世代ですよ?あー、昔の人とかじゃないんだ。ってそうじゃなくて。小学生の幽霊にはちょっと見えないぞ。あぁーそれですか?楓ちゃん、かわゆす!ぽむと小さな手を叩く。女の子ですから。全然説明になってないやないかい。全っ然説明になってないやないかい。あれ?はぁ?だから女の子だからですよ。そうなのか。はいっ!ふ、ふぅん?わかったよ、甘んじて受けろっ、受け入れろってんだろ?何せ相手はオカルト、なんでもありなんだろうさ。あ、あと生きてる時に最後に居たのはここみたいですよ。この崖か?じゃなくて、後ろの病院。コレ病院だったのか。そういや、サッカーですけども日本、引き分けでしたね。だがしかし、ここで終わるような日本じゃねぇだろ。頑張れ日本!頑張れ日本!次こそ、勝ってくれよ。応援してるぜ。ちょっと、オープニングで言うの忘れてましたけどね、サッカーのこと。さぁ、そう言われると、俄然、不気味に見えてくる、不思議。夜だし、ちょっと気味悪いですかね。うーまぁそうだな。てっきり俺は洋館かと思ってた。夜の病院ってオバケ居そうですもんね。あんたが言うな。お前が言うなっての。楓ちゃんがが言うなっての。あー確かに居るよねぇ。さて、ちょっと移動しようか。ふぇ?えーとどこへ行くんですか?ちょっと思い出した事があるん、トコがあるんだ。けして怖くて限界とかじゃないんだぜ?ベンチから立ち上がり、楓に手を差し伸べる。楓は軽く頷いて俺の手を、すり抜けた。きゃっ!うおっ!ちょっとよろけた。あっはっは。うっかりしてました。俺も、まぁ、こうなるよな。どれ。おー、華麗にスルーしまくり。さわさわ。すかすか。まったく手ごたえが無い。ン゙ン゙ッ!ぶー。遊ばないでくださいよぉ。とりゃ。ずぶり。俺の腕は完全に、楓の中。俺、非道い?しくしく、もう好きにしてください。そうやってみんなわたしのカラダを通り過ぎて行くんですから。そうか。他の人はー、楓ちゃんの姿見えな、見えてないもんね。人聞きの悪いこと言うなっての。さ。お、えーと清理ちゃんか。幽霊を拾ったとな。正確には幽霊に会っただ。清理さんなら専門家だし、何かわかるかもしれないからな。それで清理んとこ行ったんか。なるほど。そうなんですよ。ふむ。この子です。楓(かえ)っていうそうですよ。ほら、怖くないよ。ちょっとー…びっくりだけどな。む、何か言ったか?いえ何もー。さ、楓。てか楓連れてきたんかい。俺の後ろに浮いている楓を、促す。一条楓です。よろしくおねがいしますっ!むむっ?じっ。ぬぅ?見詰め合う二人。おぉ、俄然それっぽくなってきましたよ?CMの後、清理さんの力で衝撃の事実が!なるほどのぉ。何か視えましたか?いんや?え?清理には視えてないのか。ええっ!?何も聞いておらんのに、そう都合よく分かったりはせんよ。そ、そうですか。じゃ、今のはな、間は何だったんだ?夏輝どの、彼女とは?さっき知り合ったばかりです。この島の娘じゃなさっ、なさそうですし。はぁ、やはりそういうことか。何だか妙にがっかりしてるみたいだけど?つか『やはり』ってどういう事なのさ?楓はその、どうやったら成仏とかできるんですかね?神道(しんどう)では、えー…帰幽(ききょう)と呼んでおってな。あ帰幽と呼んでおってな。はい。まぁ似たようなもので、顕界(うっしょ)での心残りを成ー就すればよいのじゃよ。うしょ。現世ってことか?でも彼女は何も覚えてないみたいなん、なんですが。うむ。おおよそ、迷、迷える、御魂とはそういうものなのじゃよ。へえー。先祖、や親兄弟、自分の拠って立つものから離れては、自分が何者か分からなくなるものも道理。強い未練を残し、この世の理から外れてしまうという事は、それほどに罪なのじゃよ。清理さん深い。深い言葉だ。ある意味罪ってことなんだろうか。なんだか厳しいコ、言い様だな。この子はそれほどの罰を受けら、受け…なければならないような、ことでもしたのだろうか。この人畜無害…む、あ人畜無害純む、純真無垢を体…現したような子が。楓どのといったかの?は、はい。おぬしは大丈夫じゃよ。え?良い、人に拾ってもらったでの。子犬扱いですよ。あ、言い出したのは俺の、俺だったか。ひゃわわわわわわ。夏輝どの。は、はぁ。しばしの間、楓どのの話し相手になってやってくれ、ぬか?ええ、そりゃもちろん。既にそのつもりだしな。焦らず、アレコレ話しておれば、ある日ハタと気が付くものじゃからの。そして何をどうすればよいかは、そうなった楓どの自身が、一番良くわかるはずじゃ。そういうものですか。そういうものじゃよ。わかりました。頼んだぞ。わっちでも良いのじゃろうが、その役は夏輝どのが一番じゃしの。そうなんですか?うむ、肉体は無くとも運命の出会いはある。へぇ。またまた、清理さん深い言葉を。わっちは確信したぞ。はい?今。この人、ノリで話してないか?ホントに大丈夫か?よぅ。大丈夫じゃ、問題ないぞ!ヘッヘッヘッヘッヘッヘッ。うぉ、テレパスか!?とはいえ、いつまでもこのままで良いという訳ではないからの?今のように、邪なモノでないうちは良い。じゃがひとたび邪念に囚われ悪霊の類(るい)につけこまれると、奴らの一部として取り込まれ、二度と助からぬ。そういう邪念を持った霊の集まったモノを何と呼ぶかわかるかの?鬼、じゃよ。何か凄い話になってきたな。ま、そういう、まそうそう起こる話ではないから安心するがよい。ということは?悪い奴の魂は、鬼になるってことか?ほぉ。何にせよ、早いに越したことは無い。わかりました。いやー。楓ちゃんて一体何もんなんですか。わかんないわー。わかりませんね。さっぱり。さ。よいしょ。マメに会ってやるのも男の甲斐性(かいせい)という事じゃの(にやり。またですかこの人はぁ。さて、夜も遅い。今日のところはこの辺でよい、良いじゃろう。そうですね。楓どの。あっ、はい。別段、どこへ行くという宛てがあるわけでもなかろ?不都合がなければここに居ると良い。清理さん、清理さんいい人。はい、お世話になります。それじゃまた。ま、清理んとこにおれば、楓は、安心じゃろ。うむ。じゃあね夏輝くん。ああまたな。さてとー、はー。今日は凄い体験したな。でも今日だけじゃ終わりそうにないぞ。うしっ!明日に備えて、ちょっと帰って…寝るとしよう。ちゃっと帰って寝るとしよう。さ、日記は付くかな日記が。お、日記じゃなかったか。じゃがあれで良かったのか、良かったのか?楓どの。はい。しかし唯一(ゆいつ)覚えておった、『自分以外の名前』という事は、ちょっと待て。清理っておめ、おめぇさん。楓の姿見えないんじゃなかったのか?ふむ。伝えなくて本当に良かったか?どやら、清理には、楓ちゃんの姿が見えてるみたいな、みたいやな。さっきは見えてないとか言ってたけど。見えてない感じだったけどやっぱり見えてたんか。いいんです。あの人がわたしを見つけてくれただけでも凄いことだし。そうじゃの。まさに奇跡としか言いようがないの。待てよ、待てよ?もしかして楓ちゃんも?夏輝の、幼馴染、ってことになるんじゃないか?なんか、そうっぽいな。そりゃ楓ちゃんルートを見ないと分からないな。はいそれで。はじめましてって言わなきゃってー。それがいいんだって。やっぱり、楓ちゃんと俺は、夏輝は、はじめまして、じゃなかったんやな。ってことは、幼いころに出会ってたんやな。なるほど。なるほどなるほど。む?なんかよくわかんないですけど、そう思ったんですよ。ふむ、そうか。はい。今更ですけど、僕と君の夏休みは、初見プレイでございます。今更ですけど。あ日記が付いた。えーっと八月十三日。何々を求めて、神社に独りで行ってきた。ま要するに清理ちゃん、に出会いに行ったってことか。石段の向こう側は、巫女さんーとお茶で…で、お茶できる、神社でした。自分から進んで、掃除を手伝ってあげたんだぜ。これで、好感度、UP間違いない。ちょっとー、ちょっとツッコミどころがあるけど、言いたいことがあんだけどなんか間違ってねって感じだけど。さ。あ、八月十三日が終わりました。八月十四日。さぁ、新しい、日が始まりました。おぉーっとどこ行こうかぁ!どこ行こうか、じょる、じょる、ちょっとセーブしようぜセーブ。セーブしようぜ。上書きだ。オッケイ。どこ行くか。叙瑠樹行ったらなんかー、紗耶ちゃんルートが進みそうやなー。うーん紗耶ちゃんルート、これ砂浜に行ったらももちゃんルートっぽいな。どこ行く?常葉邸行くか?ここはもう、叙瑠樹行くか。ブルッ、久しぶりに紗耶ちゃんに会いに行くか。紗耶ちゃんに。夏輝。よっ、こら、しょういち!何故に俺が布団運びなんぞせなあかんのや。朝飯の時、ブツブツ言いながらキョロキョロしてる紗耶の様子から、何かあるなとは思っていたが。さっさと逃げよ、出せば良いものを、のんびりお茶などすすってたせいで、この体(からだ)たらく、俺としたことが不覚。お、ま、持って来たぞい。はいはい、ご苦労様。ここに積んでいって。いよっ…ってコレだけじゃないのか?全部よ。今まさに俺が運んできた、布団のカバーを、外しながら、事も無げな暴言。まずは確認せねば。えーと一階のを?全部屋(ぜんぶや)。あ、布団部屋のは冬用のだから、持ってこないでね。おい。聞いてねぇぞ、そんなことよぉ!今言ったじゃない。何という紗耶ルール。作業前の説明と、俺の意思を忘れずにな。ふっ。働か…から働かざるもの食うべからず。確かに、確かに紗耶ちゃん、その言葉は、紗耶ちゃんが言うべきや。びしっ!紗耶の人差し、人差し指は、刺さりそうな勢いで俺をロックオン。LOCK ON!ななな。タダ喰いなら。タダ喰い、たら喰い、たらぐらい、たら…飯喰らいな上に、の、覗き魔だ、だなんて。まだ紗耶ちゃん根に持ってんですか。ぐっ、痛いトコを。つか言うのも恥ずかしいなら蒸し返すなよ。あの、それは、和解済みで。アンタはそんな奴じゃないわよねぇ?ねぇ夏輝?そりゃあ、そ、そうですもん。じゃあよろしく。はぁ忙しい忙しい。くそっ。あいつ紗耶の奴まだ根に持ってやがる。何がくそって最後のニッコリが頭にくるぜ。まぁやるさ、やりますともさ。タダ飯喰うわけにはいかねーからな。ぜぇぜぇぜぇ。お、終わったぞ。ご苦労様。さすが男…この子。早い早い。助かっちゃった。その男の子を使役(しやく)するアンタはもっとすごい、けどね。じゃ、カバーかけてって。はいはい。で、お前は何すんだよ。ん?これ。針と糸ですね。外れないように縫いつけとくの。起きた時に外しちゃう、お客さんも居るからね。どうせ毎回換えるもんだし、別にいいんじゃないか?ノーコメントね。わかったよ。わかりましたよ。終わったぞ。じゃ俺はそろそろ。まだよ。次はあれ。吉野…ハァ杉箸と書かれた2じゅう…5インチ、TVよりまだ大きい段ボール箱。んで?コレに入れる。ごっそりと束となっているそれは、『叙瑠樹』とプリントされた、箸袋。生意気にオリジナルかよ。ちなみに俺達が普段使っているのは、既に割られた状態の箸。リサイクル万歳。エコ万歳ってね。なんつー、ムダなものを。馬鹿に出来なのよ、これが。記念やコレクションに、って喜んで持って帰ってくれるでしょ?何のために?マニアックな怪人のためにか?で、それ見てまた予約してくださいってこと。はーなるほど。それで電話番号とか住所が書いてあるわけね。親父が持って帰ってくるマッチやライターみたいなものか。ちょっと違うような気がするけど。ライターの、そのライターのおかげで、家が何回修羅場になったことか。そういうこと。説明終わり、よろしく。割り箸の、袋の口を開ける。箸を入れる。閉じる。割り箸の、袋の、口を開ける。箸を、入れる。あ閉じる。割り箸の、袋の、口を開ける。あー箸を入れる。あ閉じる。あ、エエル、アッ、アェェ。エッ、エエ、エッエッイ。エッウゥエッウゥエッウゥイ。何回ですか。割り箸の、袋の、口を開ける。あ、箸を入れる。あ閉じる。割り箸の、口の、箸を開ける。あ、アルッ。アッ、カルメスメネ、カサムニヨネ、カロン。割り箸のーふし、袋の口を開け。そうそう上手い上手い。手は覚えてるみたいね。そうなのかな。ってこれくらい誰でも出来るだろうが。つか俺はコレをやったことがあるのか?手が覚えるほどの、量をこなしたことがあるのか。聞きたいが、聞くのが怖いぜ。もうさ、100円ショップでいいんじゃないか?意味あるって言ったでしょ。ココの主な利用客は?えー漁協(りょうきょう)や、自治会(じじかい)の忘年会とか、大漁の時の宴会。ほらぁ。住所も連絡先も周知(しょうち)の相手ばっかりじゃないか。おまけに漁(りょう)ー、協と自治会の面子って、絶対大差ないだろ。青年団消防団っつっても、絶対面子は変わらないって、某委員長が言ってた。文句多いわね。昔はあんなに夢中でやってたのに。マゾか俺は。で、針仕事を終えた紗耶はと言うと。大きな紙を折り畳んで、包丁を使って、ざくざくと、小さな四角形に切り分けている。包丁使うのか。普通カッターだろう。刃渡りが長いからカッターより便利ななのよ。研げばまた切れるし。研げるのか?研げないの?普通の人は研げません。あれか?客を泊めたら夜中にしゃーこ、しゃーこって。そうそう。で、お客さんが起きたら、『ヒッヒッヒッヒッヒッヒーッ!』って笑うのよ。おおすげぇ。何かホラーだ。何が?や、なんでもねぇ。あー上手い。まるっきり妖怪のばーさんみたいだった。あー紗耶ちゃんさく、さすがにキレたか。嘘です。嘘だぁー。ホント、まるっきり妖…。んで、結局それは何?フロントで売ってるキーホルダーとかを包む、包装紙。フロント?あぁ、あのちっこいカウンターか。はぁ?そんなに沢山いらねーだろ、いったい何年分だよ。うっさいわね。何やねんこのやりとりは。まさに夫婦、夫婦漫才やないかい!ハッハッハッハッハッハッハッハッ。ざくざく。割り箸の袋の口を開ける。箸を入れる。閉じる。また、作業再開かい。ざくざく。アッ、カルメスメネ、カルモネ。ざくざく。カサムニカルモネ、マナ、ムニィッハッ!カルモゥ。飽きた。にらむなって。黙々と作業を続ける俺達。えっと、1、羊が一匹二匹じゃないよな?ハッハッハッハッハッハッ。はー100個くらいはできたかな。山になった割り箸を眺める。俺が完成させたその山に、ちょっぴり観傷ーに浸る。夏輝ってさぁ。んぁ?彼女いないよね。何ですと?何でそんなこと聞くねん。ざくざく紗耶は答えない。はいはい質問に質問で返すなってやつね。やっぱり紗耶ちゃん気になるんですか?ハッハッハッアッアッアッアッ。んじゃまぁ、あ、さっきは飛ばしてもうたわ。ごめんよ。気になる?にやーり。ラテンな笑顔を進呈。バ、バカ言わないでよ、なっななななんでアンタなんかを。わかりやす。気になるんですね?そして紗耶は、何だか甘酸っぱいふいんき(ふんいき)(何故か変換できない)に、てぇ、あれ?ざくざく、ざくざく。ざくざく。あの、サヤ、サン?ざくざくざくざくざくざくざくざく、ざくざくざくざくざくざくざくざく。ザクッ!ザクッ!ザ…ガンダムのザクやないかい。キシャ~~っ!どうした?おうどうした!?のわっ!どうした?ちょ、危なっ!包丁ロックオンしてるロックオン!LOCK ON。フッフッフッフーッ。フッフッフッウ。猫かよ。ちょ紗耶ちゃん凄い顔してんな。彼女なんていねーよ。ネタにネタで返しただけだろ、冗談通じねー女かよお前はよぉ。ふんっ!わ、悪かったわよ。誠意が見られませんな。ぎろっ。わわかった、わかったからっ!包丁おろせ、な?ふーっ。俺『を』からかうのはアリで、俺『が』からかうのはナシってか?理不尽だ。ホント色々理不尽だよ。彼女、居ないんだ。まぁな。そういうお前も居ないだろ。そうよ、悪い?その乱暴さじゃな。男にモテないよな。ハッハッハッハッハッハッハッハッハッ。どうやら死にたいようね。わ、またかっ!うっふっふー、うふっふーーーっ!ウフッフーゥ!ちょよせ!やめ、薄ら笑い恐ぇーっての!おい!なによ?こんなの今日中に、終わら、ねーぞ。珍しいな紗耶ちゃんさっきの攻撃しなかったんか。珍し。いいよ、出来ると、出来るとこまでで。先に言え。今言った。わかったよ、もう。じゃ、これくらいにして、お茶にしよっか。ほっ。はーやれやれ。コーヒーブレイク。夏だしもちろんアイスですよ?どれ、テレビでも――。さ。仕上げに掃除するわよ。え?ま、まだ10分しか経ってないぞ。十分じゃない、ほらほらほら。10分なだけに、休憩10分ーなだけに、十分ってか?ハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッハッ。シャレのつもりか?口頭(くちがる)、あ、口…なんて?口頭(こうがしら)?口頭(こうがしら)じゃ、じゃわかんねぇっての。オーバーワークだ!適正な休息を、要求する!却下。横暴だ。描写の目的が無い無駄シーンだ、ライターの、姑息(しゅうそく)な、行数稼ぎに、断固抗議です。首根っこ引っ張るな、俺は犬猫じゃねぇっ!せめて、猫の手、程度には働きなさい。ひどっ。さぁ立つ。3、あ2、1、ゲラッ。ウワーッ!ホヤップ!ホヤップ!ホヤッ!ナウッ!ナウッ!アナログにもほどがある。何でホウキ。これの方が、き、畳が痛まないのよ。ふーん、とりあえず納得。判ったらキリキリ働く。まず畳の列(れい)に沿って、平行に二人に並ぶ。紗耶が先行し、掃き送った、埃を追うように俺が掃く。はしっこ到着。次の列に移動。はしっこ到着。次の列に移動。飽きた。なのにまだ半分も終わってないし。夏輝お前は飽き性やなー。先行する紗耶は、当然俺に背を向けている状態。紗耶の意外ーに、えー、ほ、えー、か…かー華奢(かほう)か華奢(かほう)なか…。ちゃう、華奢(かほう)か華奢(かほう)な肩、を眺める。ふ。わかるぞ、お前が背中で求めているものが。スキありっ!甘ーいッ!甘ーいッ!いってぇ!進歩無いわねぇ。仕掛けてくるタイミングがまるっきり昔と一緒。知るかっての。ふにふに笑いし、ふにふに笑いしやがって。得意ですか。あそうですか。クソォ。このドSが。ホント、楽しそうに痛めつけて…くれやがりますね。実質最近知り合った…も同然の間柄(俺視点)でホウキで斬りかかって…く俺ってのも、まぁ、大概アレな訳だが。何よ。ちっ、何でもねぇよ。これだからな。斬りかかるのは当然の流れって気がするじゃん?何か懐かしいね。ソウデモナイヨ。ほんと懐かしいなぁ。聞いてませんか、そうですか。強引だわ、乱暴だわ、人の話聞かないわ、ほんっと訳がわからん奴だよ、なぁ。それだけ、夏輝のことが好きだってことやな。なぁ掃除が終わった後、紗耶は。はい、ご苦労様。これ少ないけど、取っといて。えーねぎらいの言葉を添えて俺の手のひらに、アメを乗せた。あざす!おい。ありがとうございます。紗耶ちゃんの気遣い、うれしいね。お、絵日記。八月十四日。紗耶さんのお仕事のお手伝い。っていうか奴隷。俺に安住(あんせい)安住(あんじゅ)の、安住(あんせい)の、日々はないのか。って思ってたから、思ってたら「無い」、って言われた。さ、終わった。今日はいちんち終わるの早かったね。今回終わるの早かったね一日が。さてとおぉーと。どうしますか。さぁーどうーこやろうか砂浜?叙瑠樹?神社。うーんどうする、ここで終わるかぁ?どうしようか、ここで終わりますからったらセーブして終わりましょう。えーと四番にし、セーブしまーす。イエス。オケイー。それでは今回はここで、終わりたいと思いますぅ。へぇーまぁ、僕と君の夏休み実況、始ま、えー実況してますけども。パート数は長くなりま、長、長くなりますけども、ちゃんと、完結したいと思います。ほんでー、エンディングは全部でー、五つぐらい…六つぐらいあったと思いますけども。まぁ、普通にクリアできればいいかなーと思います。そうですね、えー、見たいルートはですねー、そうやなー紗耶ちゃんルートもしくは楓ちゃんルートが見たいですね。はい。楓ちゃんルートはどうやら、感動モノらしいんで、見たいかなーと思ってますぅ。楓ちゃんルート。はい。さとゆうわけで、えー今回はここで終わりたいと思いますぅ。とゆうわけでここまでご視聴くださりどうも、ありがとうございました。それじゃ、次のパートも、お楽しみに。それじゃ、またねーどうもありがとうーぅ。はい、どうも、シャムです。ここまでご視聴くださり、ありがとうございます。皆さんに、お願いがあります。是非是非、私のチャンネル、えー登録を、お願いします。パソコンの方は、えー画面に見えてると思いますけども、えー登録ボタンをクリックしてくださいパソコンの方は。スマホの方はえー動画説明欄に、えーチャンネルのリンク貼ってますんでえーそこから、えー飛んでいただきまして、チャンネル登録、よろしくお願いします。それではね、次の動画でお会いしましょう、それじゃあ、またのーセンキュー。