Syamu_game書き起こし

大物Youtuber syamu_gameの発言書き起こしブログ

ホテル浦島 - 案内図 パート23

コテリーン!デュ!デュ!ボローン!(■*■)はい、どうも、シャムです。えーとですね今回宿泊する、ホテルの、簡単な、えー館内の案内をしたいと思います。まぁホテル名はね、今回宿泊するホテル名は、ホテル浦島っていうホテルなんですけども、今。

ホテルの、案内図を見てますんで。ええ。えーまぁ歩くわけにもいかないんでね。一個一個歩いて、案内するわけにもいかないので。ええ。ま簡単にね。こうやって。案内図ーで、えーやっていこうかなと思います。さすがにま一個一個案内してもいいんだけどさ。ホテルの中撮影して。まそれはちょっとホテル的にもあれかなというー、ことでして。ええ。なので、えーこちらの案内図でえーやっていこうと思いまーす。はい。で、今回ー、宿泊するホテル浦島なんですけども目玉は何と言っても温泉、が、温泉ですね。はいまず、一つ目ていうかま一個目の温泉どこや。あっこっちですね一番目。ここ。ここですね。大洞窟温泉、がございます。忘帰洞。忘帰洞。男と女湯。で二番目。下がっていって。ハマ、ユ、ハマユウの、湯。こちらはえーちょっとピントあ合わないけど。合いましたね。こちらは女湯になってまーす。ほんで、三つ目、の温泉。ここも、洞窟温泉。ピント合わないな。ピント頑張れ。ピント頑張ってくれ。おーあい合いましたね。洞窟温泉三番。ここも、玄武洞、のお湯ですね。だから洞窟温泉が、一つと、あまぁ、三つ目か全部で。でこっちこの温泉も男と女湯。でこっちも。おんえー洞窟のお湯ですね。磯の湯ですね。やから、全部でここの、ホテル浦島、の、ホテル浦島は全部で三つ目の洞窟温泉がございます。まず一つ目の、洞窟温泉。忘帰洞そして二つ目。下がっていってこっち。こっちも忘帰洞、こっち忘帰洞ちゃうこっちは玄武洞やな玄武洞、の洞窟温泉。そして、磯の湯。で五つ目が、あ、二つか。あーこっちかで。こっちやな。で二つ目紹介すんの忘れてましたけど滝の湯、とかあります。滝の湯。滝の湯ですねこっちは男湯です。はい。男湯でこっちがハマ、ハマユウの湯が、女湯、ですね。んで、カラオケがございますカラオケ、カラオケバー。キュープ。でマッサージコーナー。まほとんどの今日平日なんで、ゴールデンウィーク前の平日なんでほとんどの売店は閉まっていました。えーっとねぇあとねぇ。あこっちにもねカラオケがございますこっちにもカラオケバー。でカラオケボックスカラオケボックス。でね、ずずっとやもっていってここにゲームコーナーがございます。はい。本館。本館に泊まってます。本館のここは、本館の、この部屋は本館の303え、3、333、号室、だから3が、3のゾロ目。覚えやすい部屋です今回は。いいですね丁度、いいですね3のゾロ目ですからね333号室、ですね。レ、レストラン龍宮。レストランパレス龍宮とあります。でここに、なんやこれ。なんとかプラザ。祭、祭渡島プラザか。はい。でここ、こっちあこっちにも湯があるんか。山、山ー上、山上館山上館。でレストランがあって、レストラングリグリーンヒル。で料亭つやぶき。つやぶきってなんやねん妻夫木みたいやんけ。妻夫木みたいやんけ俳優の妻夫木、妻夫木みたいやんけ。で、こっちにもお湯温泉が二つありますねー三じゅうー二階と三十三階に。遥峰の湯。こっちは、男湯と女湯。そして、天海の湯。こっちも、男女。男女、の湯です。はいはい。はい。なんせね、なんせ旅、初めての旅動画やから、へぇー動画撮るの下手なのはご了承くださいね。慣れてないからね。それにー、家族旅行やから。家族の、家族がいるっていう点も考えなきゃいけないから。一人で旅行するんやったら何ら問題はないんやけどね。撮影すんのは。だから家族がおるから、家族のことも考えてね、撮影せなあかんからね。うん、ちょっと雑になってまうけど。ご了承ください。で、こっから写真撮ったんだよね。うんここの一階ロビー行ってたとこで、写真撮ったやつがあったと思います。亀のやつと、亀が、亀のー、銅像のやつと、あとーなんか、ホテル浦島ロビー。玄関前の写真があったと思います。でこっから撮りました。でこっから、えー島渡りか。島渡りの、乗船、場があります。釣りコーナーもございますね。何て書いて書いてん島巡りか島巡り、乗船場。はいはい。こっからね、先程ですけど先程ですけどこの、島巡りの乗船場からぞくぞくと、団体客が降りてました。で、受付の、受付の方のお話によれば、夕食なんですけど夕食は団体さんがいるんでねー。その前に、あ団体さんが、団体さんが、来る前、もしくは来た後、に食べるべきです、べきですね。ま団体さんが泊ま、泊まるんで、気をつけなアカンのは風呂ですよね風呂。温泉ですね温泉。ですけど私は温泉は入りません。部屋の、風呂に入りたいと思います。はい。なぜかって言ったら、ま折角今アトピーが良くなってるし、あと、折角アトピーが良く なってるし、まちょっと、温泉つったらま皆入るわけやからちょっと、もしかしたらアトピーが悪化するかもしれへんから、そこを考えると、ま部屋の風呂に入るのが一番かなーと思って今回は、折角、折角ー温泉に入りたいんだけどさ、温泉に入りたいんだけど、我慢してここ我慢して、部屋の風呂に入りた、入りたいと思います。はい。こんな感じでざっとこんな感じで、部屋の紹介をさせていただきました。あここに神社があるんかな。えこれ何て書いてん。あ神社。浦島稲荷(いなが)神社と書いてます浦島稲荷(いなが)神社。はいはい。そやな十分ぐらい撮るかたっぷりと。な、十分ぐらい撮る、撮りますか。はいはいはいはい。じゃあ、仮に、ま温泉あるけども一泊二日だけども。どの温泉に入りたいか。そうですねどの、どの温泉に入りたいかって言われると、やっぱり、洞窟温泉かなー。この一番の、げん…えー忘、忘帰洞か、二番の、二番ちゃう三番の、玄武洞、の、洞窟温泉か、それか、えー四番の磯の湯。んーどれも捨てがたい。どれも捨てがたいなー。一泊二日やからな。もし入れるんやったらそやな順番に入ろうかな。ではまず、まずここの一番の、なんだっけ、忘帰洞、に入って、で次の日の朝、にここやな玄武洞、に入…ればいいかなと思う。まさすがに一泊二日、二日やから、三ヶ所の洞窟温泉に入るのはちょっと無理っぽそうやな。一泊、二日やったら、一泊二日か。一泊、ちゃうまいっか。ふよよよく分からん自分でも何を言おうとしたか、していたかよく分からんけども。入るとしたら、そうですねこの三つの、洞窟温泉に入りたいな。いや、欲を言えば全部の温泉に入りたい。ここ、ここと、滝の湯と、えーと、ここの、遥峰の湯も入りたいし天海の湯も入りたいし。ここ男女やろな男女、風呂だよな。でここの、忘帰洞も入りたいし、玄武洞もーいいねーいいねー。んで、磯の湯もいいねー。で温泉に入った後ちょっと、ねちょっと、カラオケボックスで歌うのもよしや、なぁ。ゲームセンターもあるからなここな。こなゲームセンターで、時間潰すのもよしや。はい。とゆうわけでそんな感じで。はい。ま一泊二日、だから、やることは限られてくるけどね。ええ。さとゆうわけで以上をもちまして簡単に、えー今回宿泊するホテル浦島の、えーホテルうら、浦島の、えー案内…図を使って、簡単にざっと、えー…ごせぇ、ご説明させていただきました。はい。まぁちょっとさ説明ーというか、色々、バタバタしたところもあると思いますがそこはまご了承ください。ホテル浦島はですねそうですね。ま今回泊まるわけですけども一泊。なかなかねいいと思います。もうホテル浦島着いた瞬間にねもうなんてゆうんやろうな。温泉の硫黄の臭いがす、凄いしてね、ええ。鼻をくすぐりますけども。中々良い所だと思いますよ。あと館内はねご覧の通り、かなり広いので、迷うかもしれませんね。館内は館内で広いので。で、そうですねやっぱり一押しは温泉ですね。温泉巡り、が一押しですね。目玉といえば。ホテル浦島の目玉といえばやっぱり温泉でしょうかね温泉巡り、でしょうか。はい。とゆうわけでえー以上をもちまして、ざっと、ホテル浦島の、案内をさせていただきました。まぁ、視聴者さんとしてはね、あのー、一個一個、ホテルの映像を、出してほしかったかもしれませんけども。ホテル側の事情を考えると、やっぱり、ねデジカメ片手に、ホテルの、中を撮影するのはちょっとホ、ホテルの人、から見るとあれかなと思うので。えー、これで勘弁してくだせぇ。はい。でもまーなんやろな。勝手に部屋の紹介とか、撮っちゃったけどあれはまあれはええやろ。あれは、いいでしょ。ええ。何も言われてないしな。ええ。ほなー、撮影がダメっていう時は言うやろフロントで。手続きする時に。はいとゆうわけで、簡単に、ご紹介させていただきました。それじゃあ、えー次の、旅行動画で会おうのーそれじゃ、まったのーぅ。

 

 ホテル浦島 - 案内図 パート23(2014/05/03投稿)